このメニューではアキュチップについての情報をお届けしています。
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ

《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ


《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ
アキュチップというのは、これまでのフォト治療器では、反応し難かった色素の薄いしみに効果があります。
諦めていたしみもこれで改善をすることができ、理想的な美肌を実現することがきっと出来るでしょう。

アキュチップは、メラニン色素とヘモグロビンに対しての吸収率というのが非常に高い500〜635nmの波長があります。
ターゲットとなる場所に照射をすることで、悩みのメラニン色素を除去していき、その結果しみやそばかすなどを解消することが出来るのです。
照射スポットがアキュチップでは直径6.35mmと小さくなっているのが大きな特徴の一つです。
お肌の広い範囲に無駄な光が照射されませんので、正常組織に悪影響を与えてしまうことなく施術を進めていくことが出来ます。



《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップブログ:15-4-2018

あたくしの親父は膵臓ガンになってしまった。
もって半年とのこと…

「なんじゃそりゃ…」
はじめて聞いたとき、あたくしは全然実感がなかった。

あたくしは、親父が風邪をひいた姿すら一度も見たことがなく、
「からだが丈夫なだけが自慢だ」
と親父自身も常々言っていた。

そんな親父がガンだなんて…

あたくしはお母さんが嫌いだけど、親父は大好きだ。

あたくしが高校を卒業して
芸大の写真学科に行きたいって言ったときも、
お母さんはつぶしがきかないと言って反対していたけど、
親父はやりたいことをやるべきだ!と賛成してくれた。

あたくしにとって、親父は良き理解者だったのだ。

一日一日と、
日ごとにやつれていく親父を見て、
「もう助かる見込みはないんだな」と悟ったとき、
あたくしは親父が楽しそうなところを撮影することに決めた。

バイト先のギャラリーが
2週間個展をさせてくれると言ってくれた。
あたくしは、大好きな親父の写真集をつくろうと決めた。

死んでゆく人の最期を写真に撮るなんて不謹慎だ!
…という人もいるかもしれない。
でも親父は「面白そうだな」と言ってくれた。

病室で呼吸器をつけられた親父を撮影した。
親父が営んでいたうどん屋の常連客が次々と病室に訪れて、
あまり多くを話すことはできないけれど、
やさしい表情で迎える親父を写真に撮った。

親父が亡くなって、あたくしは親父の写真展を開いた。
ギャラリーに訪れた親父の常連客や弟子たちは涙を流し、
写真集をめくりながら、親父との思い出を語ってくれた。

写真はあたくしと親父との共同作品になったと思う。
お母さんとの関係も少しずつよくなってきている。

あたくしは親父の娘に生まれて、
本当に良かったと思う。
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ

《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ

★メニュー

《お役立ちメニュー》長期間まつげエクステを維持する為のお手入れ
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ
《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る
《お役立ちメニュー》茶色のしみの原因はメラニンという色素が影響している
《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクール
《お役立ちメニュー》スイッチヤグレーザーを施し悩みのしみやあざを除去
《お役立ちメニュー》レーザーシステムの最新鋭ジェネシスレーザー
《お役立ちメニュー》美肌治療フラクショナルco2レーザーで綺麗なお肌
《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重
《お役立ちメニュー》悩める小ジワの解消に効果的な皮膚のリフトアップ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)確実な豊胸!美容で身体をキレイにしま専科