《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

悩みのシミを防ぐためには、当然のことですが何よりも紫外線を予防することが最も大切なこととなります。
決して面倒くさいと考えずに、日頃から適切な紫外線対策を実践するようにしてください。

 

シミを防ぐためには紫外線も重要ですが、洗顔などで擦らないという簡単な方法も挙げられます。
たったそれだけのことで、かなりシミ予防に繋がりますので日ごろから注意をするようにしてください。
例えば曇りの日、春や秋などといった一見紫外線が少ないと思われる日でもシミ予防としてしっかりと紫外線対策をするようにしてください。
また大切なこととしまして、紫外線というのは屋内にも侵入をしてくるものですので、室内でもある程度の紫外線対策が必要です。





傘立て
URL:http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/
傘立てナビ


《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知るブログ:09-5-2018

脂肪のつき方をフルーツの形にたとえて、
ヒップやももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
ウエスト回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的にシェイプアップができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリなシェイプアップ法は…

食事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、チーズケーキ、おかしなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやライスから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

体操面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリなシェイプアップ法は…

食事面では
ライス、パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、ビールは控えめに
フルーツは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからライスを食べるようにして、
ライスの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

体操面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素体操が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、ウエスト回りがすっきりしますよ。